リラックスタイムの楽しみ方を考える毎日 – 一日のうち、一番の楽しみといえば一人で過ごすリラックスタイム!リラックスタイムの過ごし方もいろいろあるけど、世間で話題のコトやモノなどいろいろ試してみています。考えるだけでも楽しくなっちゃう♪今日はなにをしてみようかな?

東大主席弁護士がオススメする単純な勉強法

16.09.2014 (11:36 pm) – Filed under: 生活 ::

東大主席弁護士が薦める7回読み勉強法について解説されていました。

読書法は3つあり、まずひとつは普通の読み方である平読み、2つ目がリサーチ読みで、これは調べものをするときに役立つ読み方、3つ目が、試験勉強から、知識を身につけたいときにまで役立つという7回読みだと言っています。

7回読みには、読むことの負荷が小さい、情報をインプットするスピードが速い、いつでも、どこでもできる、という3つの特徴があるそうです。

なお、必ずしも7回という数にこだわる必要はないといいます。

この7回読みは認知から理解への道筋なのだということです。

7回読みの1回あたりの速度はとても速く、この弁護士の場合は300ページ程度の本を1回30分で読むそうです。

単なる流し読みだから、この程度ですむわけで、7回読みをする際には、時間を置かずに読むのがおすすめだとか。

読み終えて、記憶が薄れないうちに次の回を読めば、定着も早まるから、1日以内に読めれば理想的、何度も通読すれば、平読み1回よりも記憶への定着度が強いと言っています。

また読むときは、気負わないことも大切、集中しなくてはいけないと思うと、それが雑念となるので、本を開いてページをめくっているなら、読んでいるということだと思って気楽に読めばいいということです。